ゼンケンベルク自然博物館 観光情報・料金・アクセス・見どころ

ティラノサウルス 

フランクフルト大学の隣にあるゼンケンベルグ自然博物館は、ドイツ屈指の博物館です。
ゼンケンブルク自然博物館 公式サイト >> 

ゼンケンベルク自然博物館の基本情報

営業時間

月~金 9:00~17:00(水曜日 20:00まで)
土・日・祝日 9:00~18:00

休館日 12月24日、12月31日、1月1日など

チケット料金

大人(16~65歳)12ユーロ
学生(6~15歳)6ユーロ
オンラインチケットファミリー 30ユーロ
(大人2名+子供3人まで)
オンラインチケットミニファミリー 18ユーロ
(大人1名+子供2名)
水曜日のイブニングチケット 6ユーロ

フランクフルトカードの提示で50%OFF



ゼンケンベルク自然史博物館 日本語パンフレット チケット

日本語のパンフレットがあります。

フランクフルト中央駅からゼンケンベルク自然博物館へのアクセス

徒歩

フランクフルト中央駅から1.5kmなので、歩くことができます。

ほぼ一本道なので、迷わずに行けます。
中央分離帯ティラノサウルスが目印!

Uバーン

フランクフルト中央駅からU4路線で「Bockenheimer Warte 駅」徒歩2分

フランクフルト中央駅からUバーン乗車

フランクフルト中央駅 Uバーン


Uバーンは色鮮やかな車両で、駅構内も車内もきれいです。

Uバーン 地下鉄車両


U4路線で中央駅から2駅

Frankfurt Hauptbahnhof
 ↓
Festhalle Messe
 ↓
Bockenheimer Warte

Uバーン ボッケンハイマーヴァルテ駅


ゼンケンベルク自然史博物館はコチラの↑があるので、わかりやすいです。


交差点にある「Bockenheimer Warte 駅」の出入口が、地下鉄が地下から突き出たような
変わった形でおもしろいです。

Uバーン ボッケンハイマーヴァルテ 駅舎

Uバーン ボッケンハイマーヴァルテ 駅舎



ゼンケンベルク自然史博物館に向かって歩いていると、中央分離帯にティラノサウルスのオブジェがあります。

ティラノサウルス オブジェ


ティラノサウルスの前にゼンケンベルク自然史博物館があります。

ゼンケンベルク自然史博物館の見どころ


入口を入って真っすぐ、恐竜の足跡が描かれた通路を進むと「恐竜部屋」があります。

ゼンケンベルク自然史博物館 恐竜部屋


たくさんの恐竜骨格模型があります。

ざっと奥から、イグアノドン・首の長いディプロドクス・階段横のエウオプロケファルス・ティラノサウルスと、一度にこんなにたくさんの恐竜が見られて幸せです。

ディプロドクスなんて、大きすぎて全体を入れて撮影することが、難しいです。

ゼンケンベルク自然史博物館 館内


ティラノサウルの奥の壁にスーパーサウルスの脚があります。
大きさを体感できるように、横に並んで撮影できるようになっています。
スーパーサウルスは草食なので、食べられることはないけど、踏まれたら・・・ですね。


迫力のティラノサウルス!メチャ大きい!
横に立ってみました(めぐる 153cm

ティラノサウルス



エウオプロケファルス
尾の先には、骨質の塊でできた棍棒があるのが、わかりやすいです。

エウオプロケファルス



トリケラトプスと壁にかかっているのがプラテオサウルスです。

トリケラトプス



トリケラトプスの特徴である三本の角(鼻角1本・上眼窩角2本)とフリルが可愛いです。

トリケラトプス 頭部



ステゴサウルス
背中に特徴的な骨質の板が、斜め向きに左右互い違いに立ち並んでいます。
この板状のものが、何の役目をしていたのかわかっていません。

ステゴザウルス



大きな恐竜骨格模型だけでなく、小さな恐竜の化石やマンモス、鯨の骨格標本、化石や鳥類・動物のはく製、大人も子供の楽しめるようになっています。


カピバラを丸飲みしてるアナコンダのレプリカが人気なのか、みなさん見ていました。

アナコンダに飲み込まれるカピバラ



ゼンケンベルク自然史博物館 おすすめポイント


恐竜好きさんに超おすすめのゼンケンベルク自然史博物館。
もちろん、恐竜だけじゃなく、化石や標本もたくさんあります。

開館時間が9時と早いので、観光の最初に組み込むと時間が有効に使えます。

あまり観光するところがないと言われているフランクフルトですが、ゼンケンブルク自然史博物館・シュテーデル美術館など、素敵な施設がたくさんあります。

フランクフルト
スポンサーリンク
世界巡る

コメント