【徹底ガイド】ロンドン オイスターカード/コンタクトレス・トラベルカード

ロンドン オイスターカード トラベルカード


ロンドン観光には「地下鉄」や真っ赤な可愛い「バス」が便利です。

現金でチケットを購入するよりも「コンタクトレス決済」や「オイスターカード」を利用すると約半分の料金で、また「ブライスキャップ制」により一日に上限額に達するとそれ以上の料金がかかりません。

また、ロンドンのバスは、現金で乗ることができませんので、事前にオイスターカードなどを準備する必要があります。

ロンドン観光に便利な「コンタクトレス決済」「オイスターカード」「トラベルカード」それぞれの基本情報・購入方法・使用方法・チャージ・払い戻し方法・注意点などをお伝えします。


コンタクトレス決済の基本情報と注意点

 

コンタクトレス決済


ロンドン観光といえば「オイスターカード」ですが、オイスターカードと同じ料金システムが受けられるコンタクトレス決済があります。

コンタクトレス決済(Contactless Payment)とは、非接触型決済システムのことで、クレジットカードやデビットカードなどのコンタクトレスカードとApple PayやGoogle Payなどの電子マネーがあります。

コンタクトレスカードやスマートフォンを改札のカードリーダーに直接かざすことで利用することが可能なので、とても便利です。

カードにコンタクトレスのマークがついているカードが利用可能です。

このマークがあるのがコンタクトレスカード


コンタクトレス決済はかざすだけで「ピッ」と認識してくれるのでPIN入力をしなくてもいいので、簡単です。

「オイスターカード」と同じ料金システムで、オイスタカードの準備の必要もチャージ・払い戻しの手間もないので、「コンタクトレス決済」ができるものがあれば、利用すると便利です。

 

重要な注意点


コンタクトレス決済は、1日上限が30ポンドです。


コンタクトレスカードや電子マネーは、イギリス以外の銀行口座を使用している場合には、利用できない場合があったり、取引手数料などが必要な場合があります。

事前に利用条件等をカード会社や銀行などでご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

オイスタカードの基本情報・購入・チャージ・払い戻し・注意点

 

オイスターカード


オイスターカード
(Oyster Card)は、日本のICOCAやSUICAと同じ交通系ICカードです。あらかじめカードにチャージした料金が利用のたびに差し引かれていくプリペイド式です。

「Pay as you go」と「Travelcard(トラベルカード」)を1枚のオイスターカードにチャージすることができます。
※ビジターオイスターカードには「Travelcard」を入れることができません。

オイスターカードを新規に発行するときに、5ポンドのデポジットが必要ですが、払い戻し時に返金されます。

このデポジットですが、ロンドン交通局のサイトにこんな一文があります。
If you got your Oyster card before 23 February 2020, you can get your £5 refunded when you don’t need your card anymore. If you got your Oyster card on or after this date, your £5 will be refunded automatically as pay as you go credit after one year, when you make a journey with your card. You must collect your refund within six months or you won’t be eligible to receive it.

2020年2月23日より前の購入カードは、不要時に5ポンド返金可能
2020年2月23日以降の購入カードは、1年後にクレジット払いで5ポンド返金するけど、半年以内に受け取らないと資格がなくなるよ・・・って感じ?
デポジット分がすぐに返金できなくなれば、旅行者には面倒なカードになってしまいます。
これ、どうなのかなぁ?詳しい方がいらしたら教えてください。

 

Oyster online - Transport for London - Oyster cards
Official online shop for Oyster card. Order your Oyster card travelcard, check Oyster card prices or top up Oyster Pre Pay.

 

利用可能な公共交通機関

 

  •  ロンドン地下鉄(アンダーグラウンド・チューブ)
  • オーバーグラウンド、ナショナル・レイル
  •  ロンドン交通局バス
  •  サウス・ロンドン・トラム(路面電車)
  • ドックランド・ライト・レイルウェイ(DLR)
  • テムズ・ケーブルカー(Emirates Air Line)

オイスターカードは、ペーパーチケットより安い


ロンドンの地下鉄(Tube:TfL アンダーグランド)は、中心地から郊外へ向かってZone(ゾーン)に区切られており、乗車時間によりピーク・オフピークに分けられ、料金が違います。
ロンドンの主な観光地はゾーン1~2、ヒースロー空港はゾーン6に属します。

  切符 オイスターカード/コンタクトレス
Zone   1回乗車 1日上限
ピーク オフピーク ピーク オフピーク
1のみ 4.90 2.40 2.40 7.40 7.40
1~2 4.90 2.90 2.40 7.40 7.40
1~3 4.90 3.30 2.80 8.70 8.70
1~4 5.90 3.90 2.80 10.60 10.60
1~5 5.90 4.70 3.10 12.70 12.70
1~6 5.90 4.70 3.10 13.50 13.50


ピーク時: 月~金 06:30~09:30、16:00~19:00 (祝日を除く)
但し、平日16:00〜19:00にゾーン1以外→ゾーン1はオフピーク料金。

料金で分かるとおり、チケットとオイスターカード(コンタクトレス)では、地下鉄料金がかなりの違いがあります。

 

一日の上限額以上は引き落とされない「プライスキャップ制」


オイスターカード(コンタクトレス)は、1日の上限額が設定してあるので、上限額に達するとそれ以上の引き落としはされないので乗り放題となります。

 

地下鉄


例えば、オイスターカードでゾーン1~2に4回乗車するとします。

ゾーン1~2の1日上限設定は、7ポンド(ピーク、オフピーク共通)

1回目に2.4ポンド、2回目に2.4ポンド、3回目に2.2ポンドがオイスターカードのチャージから引かれますが、それ以降のゾーン1~2移動で引き落としされることはありません。もしその後ゾーン1~3へ移動すれば、ゾーン1~3上限の8.20ポンドまでの(8.20-7.00)1.20ポンド引き落としされます。

 

バス


ロンドン交通局のバスは、現金で乗車することができません。
乗車時に黄色いカードリーダーにタッチします。

バス料金は一律1.55ポンドなので、降車時にタッチは必要ありません。

1日の上限4.65ポンドなので、4回目の乗車からオイスターカードから引き落としはありません。

また、バスのタッチから1時間以内であれば、バスからバスの乗り換えをしても運賃はかかりませんが、バスからバスの間に地下鉄などを利用すると、バスの乗り換えとはなりません。

 

スポンサーリンク

 

オイスターカードの購入方法

ロンドン地下鉄 自動券売機

 

自動券売機で購入する方法

 

  1. 日の丸をタッチして日本語対応にします。
  2. オイスターカード「新規カード購入」をタッチします。
  3. 「+」「-」で必要枚数を入力します。
  4. チャージする金額を選択します。
  5. 支払金額(デポジット5ポンド+チャージ金額)を確認して支払います。
  6. チャージされたオイスターカードが出てきます。

     

窓口で購入する方法


ヒースロー空港やビジターセンターなどで、オイスターカードが購入できます。

「Could I buy an Oystercard, please」または「Oystercard, please」でオイスターカードが購入できます。購入時にチャージ額を聞かれるので「○○ pounds, please」と伝えましょう。

 

オイスターカードのチャージ方法


オイスターカードへのチャージすることをTop up(トップアップ)と言い、自動券売機で簡単にできます。

  1. 日の丸をタッチして日本語対応にします。
  2. 黄色いカードリーダーにオイスターカードをタッチすると残額が表示されます。
  3. チャージ金額が表示されるので、チャージ金額にタッチして、支払いをします。
  4. オイスターカードをカードリーダーにタッチすると、チャージされます。


同じ方法で、オイスターカードに「トラベルカード」を入れることができます。1日用or7日用、使用開始日とゾーンの選択をしてください。

「No Change Given(つり銭切れ)」表示の自動券売機は、おつりが出ないので注意してください。

 

オイスタカードの払い戻し方法

 

券売機で払い戻す方法


自動券売機で払い戻しができるのは「購入後48時間以上経過」「チャージ残額が10ポンド以下」のオイスターカードのみです。
※10ポンドは、チャージ残高のみでデポジットは含みません。


「Oyster refunds」「Change Given」の表示がある自動券売機であることを確認します。

  1. 日の丸をタッチして日本語対応にします。
  2. カードリーダーにオイスターカードをタッチします。
  3. 「プリペイド払い戻し」選択すると、オイスターカードのデポジットとチャージ残額が表示されます。
  4. 「領収書を印刷する」「確認する」選択します。
  5. カードリーダーにオイスターカードをタッチします。
  6. 払い戻しされます。


自動券売機で払い戻しをするとオイスタカードが手元に残りますが、一度払い戻しをしたオイスターカードを再利用することはできません。

 

窓口で払い戻す方法


「オイスターカード購入後48時間経過していない」「チャージ残額が10ポンド以上」の場合には、窓口での払い戻しとなります。

クレジットカードへの返金となり、オイスターカードは戻してもらえません。
オイスターカードは有効期限がないので、払い戻しせず持ち帰り次回利用することも可能です。

ヒースロー空港 ビジターセンター

 
ヒースロー空港の「ビジターセンター」で払い戻し(リファンド)ができます。
ターミナル2・3駅(地下鉄)の改札横にあり、ヒースローセントラル駅(ヒースローエクスプレス・TfL オーバーグランド)からターミナルへ向かう途中にあります。
 
 

オイスターカード利用時の注意点

ロンドン 自動改札


地下鉄改札のカードリーダーへの「タッチイン」「タッチアウト」をきちんとしましょう。

タッチして改札が開いて抜けたのに「タッチ」がきちんと認識されない場合があります。
カードリーダーにタッチしてから改札が開くまでの時間が少しかかるので、前の人が改札を出て閉まる前にタッチしてしまい、一緒に通ってしまうことがあるんです。そんなとき自分のタッチは認識されていません。

「タッチイン」「タッチアウト」どちらか片方だけしか認識されていない場合には、自動的にチャージから「incomplete journeys」の罰金が引かれます。

改札の黄色いカードリーダーは、タッチすると「緑」なります。
「緑」を確認してから改札を通りましょう。

 

スポンサーリンク

 

旅行者用ビジターオイスターカードの基本情報と購入方法

 

ビジターオイスターカードは可愛い柄

 

ビジターオイスターカードの基本情報


ビジターオイスターカードは、旅行者用につくられたもので、通常のオイスターカードよりも可愛いデザインになっています。

事前購入のみで、ロンドン到着後に購入することはできません。
ビジターオイスターカードの提示で受けられる割引特典があります。

利用方法・チャージ方法・払い戻し等は、オイスターカードと同じですが、ビジターオイスターカードにはICトラベルカードを入れることができません。

事前に準備できるので安心、到着後すぐに利用でき便利、割引特典が受けられてお得ですが、送料(国際書留1,480円、DHLエクスプレス2,680円)が掛かるデメリットがあります。

 

ビジターオイスターカードの購入方法


英国政府観光庁オンラインショップ(日本語対応)で、購入できます。
割引特典もサイト内で確認できます。

英国政府観光庁オンラインショップ

 

トラベルカードの基本情報・利用方法

 

ペーパーのトラベルカード 1日用・7日用

ペーパートラベルチケット:左は1日券(ゾーン1~6)、右は7日券(ゾーン1~2)

トラベルカードの基本情報


ペーパーのトラベルカード」とオイスターカードにチャージする「ICトラベルカード」があります。

1日券」「7日券」があり、ゾーン別にピーク・オフピークにより料金が異なります。オフピークは、月~金曜日の午前9時30分までは使用できません。

「1日券」の有効期限は00:01~翌日04:30です。

利用できる公共交通機関はオイスターカードを同じで、ロンドン交通局のバスは、全てのゾーンで利用可能です。

  1日券 7日券
Zone ピーク オフピーク  
1のみ 13.50 13.50 37.00
1~2 13.50 13.50 37.00
1~3 13.50 13.50 43.50
1~4 13.50 13.50 53.20
1~5 19.10 13.50 63.30
1~6 19.10 13.50 67.70

オフピーク: 月~金曜日9時30分以降および週末のみ利用可能

 

トラベルカードの使用方法


オイスターカードにチャージした「ICカード」は、オイスターカードと同じ使用方法で、「ペーパーのトラベルカード」は改札の「Ticket」に入れるとすぐに出るので、受け取ってから改札を通ります。バスは、運転手さんに提示して乗車しましょう。

 

「オイスターカード」「トラベルカード」どちらがいいの?


旅行中の利用日時・回数などにより「オイスターカード」「トラベルカード」のどちらがお得なのかが変わってきます。

例えば、ゾーン1~6の場合、「オイスターカード」の1日上限と「トラベルカード」1日券を比べたら、オイスターカードの上限は17.3ポンド(地下鉄12.8ポンド+バス4.5ポンド)、トラベルカードはピーク18.6ポンド/オフピーク13.1ポンドで、乗車の回数や時間帯でどっちがお得か変動します。

観光地が集中しているゾーン1~2の移動だけで考えるなら、7日券トラベルカードは35.10ポンドで、オイスターカード(コンタクトレス決済)の1日上限は7.00ポンド×5=35.00ポンドと5日でほぼ同じ料金になります。
もし、1日2回バス(1.50ポンド)にも乗るなら、オイスターカードは1日10.00ポンド(7.00+1.50×2)で、4日目にはトラベルカードの方がお得になります。また、7日間のトラベルカードはピーク・オフピークの利用時間設定がないので、どの時間帯でも利用可能です。

2~3日なら「オイスターカード/コンタクトレス決済」がお得だし、特典割引を利用するなら「ビジターオイスターカード」お得です。

オイスターカードは5ポンドのデポジットが必要だし、作成後48時間経過しなければ券売機での払い戻しができないことなどを考えると、1~2日の利用ならオイスターカードは作らずにコンタクトレス決済にすると手間が省けます。

「オイスターカード」「トラベルカード」上手に利用して、ロンドン旅行をお得に楽しんでください。

参考になれば幸いです。

ロンドン
スポンサーリンク
世界巡る

コメント