オイスターカードとトラベルカード比較 どちらがお得?

ロンドン公共交通機関

 

ロンドン観光に便利な「オイスターカード」と「トラベルカード

 

ロンドンの公共交通機関は、ゾーンや利用時間帯により料金が区分されており複雑です。また、日本のような精算システムがないので、料金不足にはペナルティがあります。慣れないチケット購入は負担にあります。そんな観光客の強い味方が「オイスターカード」「トラベルカード」です。

そんな便利な「オイスターカード」と「トラベルカード」のどちらがお得なのかを徹底比較します。

 

オイスターカードの基本情報

 

オイスターカード

 

オイスターカード(Oyster Card)は、交通系ICカードでICOCAやSUICAのようなカードで、事前にチャージした料金が利用ごとに差し引かれていくプレペイド式です。

オイスターカードを新規に発行するときに、5ポンドのデポジットが必要ですが、払い戻し時に返金されます。有効期限がないので再渡英時に利用することが可能です。

オイスターカードに「ICトラベルカード」をチャージすることができます。

 

コンタクトレス決済

コンタクトレス決済(Contactless Payment)とは、非接触型決済システムのことで、クレジットカードやデビットカードなどのコンタクトレスカードとApple PayやGoogle Payなどの電子マネーがあります。コンタクトレスカードやスマートフォンを改札のカードリーダーに直接かざすことで利用することが可能なので、とても便利です。コンタクトレス決済はオイスターカードと同じ料金システムで利用でき、1日の利用上限は30ポンドです。

 

オイスターカードの料金

 

 オイスターカード/コンタクトレス
Zone1回乗車1日上限
ピークオフピークピークオフピーク
1のみ2.402.407.407.40
1~22.902.407.407.40
1~33.302.808.708.70
1~43.902.8010.6010.60
1~54.703.1012.7012.70
1~65.103.1013.5013.50

ピーク時: 月~金 06:30~09:30、16:00~19:00 (祝日を除く)
但し、平日16:00〜19:00にゾーン1以外→ゾーン1はオフピーク料金。

 

オイスターカードのプライスキャップ制

 

オイスターカード(コンタクトレス)は、1日の上限額が決まっており、上限額に達するとそれ以降は差し引きされず乗り放題となります。

 

地下鉄の場合
同じゾーンを利用している間は、そのゾーンの上限額に達したらそれ以上の差し引きがありません。

 

バスの場合
バス料金は一律1.55ポンド、1日の上限4.65ポンドなので、4回目の乗車からオイスターカードから引き落としはありません。

 

バス料金は一律なので、乗車時に黄色いカードリーダーにタッチで1.5ポンドが差し引かれます。降車時にタッチすると再度差し引かれてしまうので注意してください。
ロンドン交通局のバスは、現金で乗車することはできません。

 

トラベルカードの基本情報

 

ペーパーのトラベルカード 1日用・7日用


トラベルカードには「ペーパートラベルカード」とオイスターカードのチャージする「ICトラベルカード」があり、1日券・7日券、ゾーンごとにピーク・オフピークの料金設定がされています。

1日券の有効期限は00:01~翌日04:30までで、オフピークは月~金曜日9:30まで使用することはできません。

 

トラベルカードの料金

 

 1日券7日券
Zoneピークオフピーク 
1のみ13.5013.5037.00
1~213.5013.5037.00
1~313.5013.5043.50
1~413.5013.5053.20
1~519.1013.5063.30
1~619.1013.5067.70


オフピーク1日券は、月~金曜日9時30分まで利用することができません。
ピーク1日券、7日券は時間帯関係なく利用できます。

 

「オイスターカード」「トラベルカード」の購入方法、利用方法、払い戻し方法などは、下記記事を参考にしてください。

【徹底ガイド】ロンドン オイスターカード/コンタクトレス・トラベルカード
【徹底ガイド】ロンドン観光に便利な「 オイスターカード」「トラベルカード」「ビジターオイスターカード」「コンタクトレス決済」の基本情報・利用方法・チャージ・払い戻しの方法などをわかりやすくお伝えします。

 

オイスターカードとトラベルカード、どちらがお得なのか?

 

オイスターカードとトラベルカード


どちらを利用すればお得になるのは、1日の利用回数、ゾーン、時間帯、日数により変わります。

 

オイスターカードを利用した場合の料金を確認

公共交通機関の利用をすべてオイスターカードで利用した場合の料金を確認しましょう。

ゾーンの確認


ロンドンの地下鉄はゾーン制なので、まずは滞在先のホテル、行動範囲のゾーンを確認しましょう。

ゾーンの確認方法は、滞在ホテルや目的地の公式サイトなどから住所を確認し、Google map で最寄り駅を確認します。ロンドン交通局のロンドン地下鉄マップで最寄り駅がどのゾーンに属しているか確認します。

 

主な観光地ゾーン
ゾーン 1~2バッキンガム宮殿、ビックベン、ウェストミンスター寺院、ロンドンアイ、ロンドン塔、タワーブリッジ、大英博物館、ナショナルギャラリーなど
ゾーン 3ウィンブルドン など
ゾーン 4ウェンブリースタジアム など
ゾーン 6ヒースロー空港、ハンプトン・コート宮殿、キューガーデン など

 

オイスターカードを利用した場合の料金確認


ゾーンの確認ができたら、料金の確認は簡単です。


地下鉄の場合
地下鉄の上限は、乗車ごとに1回の乗車料金がチャージから差し引かれ、上限に達すれば、それ以降同じゾーンでの利用は乗り放題となりますが、違うゾーンに移動すれば、そのゾーンの上限まで差し引きがされます。

例えば、ゾーン1~2(6回乗車)の後、ゾーン1~4(2回乗車)の場合
ゾーン1~2(上限7ポンド)
1回目2.4ポンド、2回目2.4ポンド、3回目2.2ポンド、4回目以降無料
ゾーン1~4(上限10.1ポンド)
1回目2.8ポンド、2回目0.3ポンド

 

バスの場合
バス料金は一律1.55ポンド上限4.65ポンドなので、4回目の乗車からは差し引きされません。
黄色いカードリーダーにタッチすると1.5ポンド差し引かれるので、1回の乗車で1回のタッチでOKです。降車時にタッチすると再度引かれてしまいます。バスからバスの乗り換えは、最初のタッチから1時間以内は差し引きされません。

 

オイスターカードとトラベルカードの比較

 

オイスターカードを利用した場合の料金を確認したら、トラベルカードと比較しましょう。


ゾーン1~2の場合、オイスターカードの1日上限は、地下鉄7.0ポンドとバス4.5ポンドの合計11.5ポンドで、トラベルカードは13.1ポンドなので、1日の利用はオイスターカードの方がお得です。
ゾーン1~6の場合、オイスターカードの上限は、地下鉄12.8ポンドとバス4.5ポンドの合計17.3ポンド、トラベルカードは13.1ポンド(オフピーク)でトラベルカードがお得になりますが、もしバスに乗車しなければオイスターカードがお得です。

利用回数、利用日数、利用範囲が違えば、どちらがお得になるのかわからないので、上記の方法でまずオイスターカードを利用した場合の料金を算出して、トラベルカードと比較します。

 

オイスターカードとトラベルカードの比較例(参考)

 

ゾーン1~2のみ利用、毎日同じ回数利用したとします。
① オイスターカード:地下鉄上限(7.4ポンド)
② オイスターカード:地下鉄2回+バス2回(7.9ポンド)
③ オイスターカード:地下鉄2回+バス上限(9.45ポンド)
④ オイスターカード:地下鉄上限+バス上限(12.05ポンド)
⑤ トラベルカード:1日券13.5ポンド/7日券37.0ポンド

 1日2日3日4日5日6日7日
7.414.822.229.637.044.451.8
7.915.823.731.639.547.455.3
9.4518.928.3537.847.2556.766.15
12.0524.136.1548.260.2572.384.35
13.537.037.037.037.037.037.0


1~3日はどの場合でもオイスターカード、6~7日はトラベルカードがお得になります。4~5日は利用回数により、お得になるカードが変わります。

実際に利用する場合には、ヒースロー空港往復があったり、日により利用頻度も利用範囲も変わるので、確認するとどちらがお得かわかります。

 

「オイスターカード」「トラベルカード」どちらがお得なのか?まとめ

 

旅程によりどちらがお得になるかはわかりませんが、3日まではオイスターカード、6~7日はトラベルカードがお得に利用できそうです。

オイスターカードは上限額が設定してあるので、ゾーンがわかれば料金の確認は簡単で、トラベルカードとの比較は難なくできます。

同時に利用駅や観光ルートを事前確認もできて一石二鳥です。

 

料金など詳細は、ロンドン交通局 公式サイト でご確認ください。

お得にロンドン観光を楽しんでください。

ロンドン
スポンサーリンク
世界巡る

コメント