ヴィクトリア&アルバート博物館のアクセス・基本情報

ヴィクトリア&アルバート博物館

ヴィクトリア&アルバート博物館(Victoria and Albert Museum、略称V&A)は、ヴィクトリア女王とアルバート公の名前がつけられた、ロンドンの国立博物館です。

コレクションは、絵画、彫刻、陶磁器、家具、衣装類、ガラス細工、宝石、金属細工、写真など多岐に渡り、ファッションやアート、有名人のコスチュームまで、素晴らしい展示品がたくさんあります。

入場制限されることもある人気のあるV&A博物館の見どころ、アクセスなど基本情報をご紹介します。

ヴィクトリア&アルバート博物館 公式サイト

V&A · The world's leading museum of art and design
Welcome to the V&A – the world's leading museum of of art, design and performance. Discover curated exhibitions and explore art and culture at its finest.

ヴィクトリア&アルバート博物館 基本情報

 

開館時間

10:00~17:45(金曜日 10:00~22:00)
12/24~26は休館

 

入館料

入館料は無料ですが、特別展覧会は有料となります。

ロンドンのほとんどの博物館や美術館は無料ですが、施設維持のために寄付制になっています。寄付をするか、館内マップが1ポンド(任意)なので支払いをするか、グッズショップで買い物をしたりカフェでランチやお茶したりしましょう。

 

クローク

メイン・エントランス(Cromwell Road)とサブ・エントランス(Exhibition Road)の入り口付近にあります。

大きな荷物とコロ付きのバッグなどは預けなければなりません。
料金は、小さなバッグ、コート、傘は1ポンド、バッグ(56×45×21センチまで)は3ポンド、大型なバッグ、折りたたみ自転車などは5ポンドです。

 

スポンサーリンク

 

アクセス

V&A サブエントランス

出典:V&A museum

入り口は、クロムウェル・ガーデンズに面したメインエントランスとエキシビション・ロードに面したサブエントランス、地下鉄駅から地下通路でつながっている地下エントランスの3つがあります。

地下鉄

地下鉄 ピカデリー線・サークル線・ディストリクト線の3路線が乗り入れしているサウスケンジントン駅(South Kensington)から徒歩5分です。

改札を出ると「V&A Museum」の看板に従って進むと地下通路に通じており、
そのまま5分ほど歩くと地下エントランスがあります。

 

バス

  • メインエントランス側
    Victoria & Albert Museum (Stand R)・ (Stop M)
  • サブエントランス側
    South Kensington Museums (Stop L)

 

V&Aショップ

V&A博物館 ショップ

出典:V&A museum

ヴィクトリア&アルバート博物館のショップは、ジュエリー、ファッション、工芸などの博物館らしく、センスの良い物、おもしろい物、V&Aのオリジナル柄の商品などがあります。

10ポンド以下のかわいいアクセサリーやポスターから、高額なジュエリー、ファッション関連商品まで、品揃えは幅広く見るだけでも楽しめます。

10ポンド以下で、かわいいアクセサリー、おもちゃ、ポスターがたくさんあります。オンラインで購入することもできます。営業時間 10:00~17:30(金曜日 10:00~21:30)

 

スポンサーリンク

 

カフェ

ヴィクトリア&アルバート博物館にはメインの「V&Aカフェ」、中庭にある「ガーデンカフェ」、サブエントランスすぐの「コートヤードカフェ」があります。

V&A カフェ

世界初のミュージアムカフェで、当初「ギャンブル・ルーム」「モリス・ルーム」「ポインター・ルーム」と3つに分かれていましたが、今は3つがつながったひとつのカフェになっています。

V&Aカフェ ギャンブル・ルーム

出典:V&A museum

ギャンブル・ルーム(Gamble Room)は、大きな丸いシャンデリアが印象的な豪華な部屋です。
セラミックタイルやエナメルコーティングで部屋全体が水洗いできるようになっています。

 

V&Aカフェ モリス・ルーム

出典:V&A museum

モリス・ルーム(Morris Room)は、中世の教会のようでステングラスから差し込む光がやわらかな、グリーンを基調とした落ち着いた雰囲気です。

ポインター・ルーム(Poynter Room)は、ポルトガルの装飾タイル「アズレージョ」とオランダの青色タイルが壁に貼られており、暖炉は日本のモチーフが使われています。

それぞれ豪華な部屋でどこにしようか迷ってしまいます。

V&Aカフェ フード・ドリンクエリア

出典:V&A museum

カフェはセルフ方式で、フードが並んでいるエリアにも白を基調としたカジュアルなカフェ空間があります。

営業時間 10:00~17:15(金曜日 10:00~21:30)

 

ガーデンカフェ

V&Aカフェ ガーデンカフェ

出典:V&A museum

中庭にはガーデンカフェがあり、持参のランチなどをここで食べることができるようになっています。

 

コートヤードカフェ

V&Aカフェ コートヤードカフェ

出典:V&A museum

Exhibition Roadに面したサブ・エントランスから入ってすぐのところにあります。

営業時間 8:30~17:30(金曜日 8:30~21:30)

 

V&A博物館 まとめ

ヴィクトリア&アルバート博物館の所要時間は2時間程度ですが、じっくり見ると1日以上かかります。

展示物はとても多く、多岐に渡っているので、事前に見たいものを調べておくと効率よく見てまわることができます。

私は時間が足りなくなり、駆け足でどんどん見て回ったため、もっとじっくり見たかったなぁ~カフェでお茶したかったなぁ~と心残りがあります(笑)

 

参考になれば幸いです。

ロンドン
スポンサーリンク
世界巡る

コメント