シェーンブルン宮殿 グロリエッテに坂道を登らずに行く方法

シェーンブルン宮殿 グロリエッテ

シェーンブルン宮殿のシンボルともいえる丘の上にあるグロリエッテ。

丘の上から見るウィーン市内が絶景!

ですが、グロリエッテまでの坂道が思ってる以上に傾斜角度があり、登り切ったころにはヘトヘト(笑)なんてこともあります。

坂道の登らずにグロリエッテに行く方法をご紹介します。

グロリエッテまでの坂道

シェーンブルン宮殿から見たグロリエッテ

シェーンブルン宮殿の庭園の丘の上にあるのがグロリエッテで、かなりの高さがあることがわかります。坂道を登ると20分程度かかります。

時間や体力に余裕があるときはハイキング気分で登ると楽しいと思いますが、疲れるのは嫌とか、年配者や小さな子供と一緒だけど行ってみたいと思われる方におすすめの方法があります。

 

坂道を登らずにグロリエッテに行く方法

バスで Stranitzkygasse 停留所まで行くと平地を歩いてグロリエッテに行くことができます。

Stranitzkygasse の停留所からは少し歩かなければなりませんが、坂道はありませんので、テクテクと歩けばいいだけです。

 

Stranitzkygasse 停留所に行く方法

バスのルートは「マイトリンク・ハウプトシュトラッセ駅」出発のバス、「マイドリング駅/ウィーン マイドリング駅」出発のバスと2つあります。

 

マイトリンク・ハウプトシュトラッセ駅から行く場合

Uバーンの マイトリンク・ハウプトシュトラッセ(Meidling Hauptstraße)駅構内にあるバスのマークを目印にしながら出ると、駅前のバス停に着きます。

マイトリンク・ハウプトシュトラッセ停留

バス停にはいろいろな路線のバスが来ますが、乗車するのは 63A です。
バスの行き先がデジタルで表示されているので「63A Wine Am Rosenhügel」を確認してから乗車してください。

「63A」路線は5時台からあり10分間隔くらいで来るので、時刻表は気にせず行っても大丈夫です。

63Aバスルート 時刻表

「Stranitzkygasse」は「Meidling Hauptstraße」から5つ目の停留所で、乗車時間は5~6分です。

 

マイドリング/ウィーン マイドリング駅から行く場合

Uバーン マイドリング(Meidling)駅、Sバーンその他 ウィーン マイドリング(Wien Meidling)駅の出口を出たところにマクドナルドがありバス停はその前あたりにあります。

バス停にはいろいろな路線のバスが来ますが、乗車するのは 8A です。
バスの行き先がデジタル表示されているので「8A」と行き先「Küniglberg/ORF-Zentrum」を確認して乗車しましょう。

「8A」路線は始発は5時半頃で10分間隔くらいで来るので、時刻表は気にせず行っても大丈夫です。

「Stranitzkygasse」は「Meidling S+U」から4つ目の停留所で、乗車時間は5~6分です。

 

Stranitzkygasse停留所からグロリエッテの行き方

Stranitzkygasse の停留所は、静かな住宅街にあります。

Stranitzkygasse停留所

バスを降りたら、バスが進む方向(道路を左、住宅が右)に進みます。

ホーエンベルク通りの先にグロリエッテが見える

200mくらい歩くと道路を越える橋が架かっており、橋を渡ると柵(マリア・テレジア門)があり、この門は6時30分に開けられます。

マリア・テレジア門

ここまで来ると小さくですが、グロリエッテが見えてきます。

門からグロリエッテまでは4~500mくらいあり、背の高い木の間の真っすぐの道をひたすら歩きます。

マリア・テレジア門から見たグロリエッテ

小さくグロリエッテが見えてきます。

はい、グロリエッテの側面(宮殿から見て左側)に到着です。

横から見たグロリエッテ

上部の展望テラスに行きたい場合、この入口から入ります。展望テラスは夏の間だけ開かれています(2019年は4/1~11/3まで)

料金
大人4.50ユーロ(子供3.20ユーロ)
60歳以上、ウィーンシティカード 3.50ユーロ

https://www.schoenbrunn.at/en/our-tickets-and-prices/all-tickets-prices/#gloriette

 

グロリエッテ

グロリエッテ

グロリエッテは中央上部に鷲が置かれており、その下に「皇帝ヨーゼフ2世とマリア・テレジアの治世の下で」と記されています。

グロリエッテ

グロリエッテは長さ135.3m、高さ25.95m、幅14.6mあり、宮殿や庭園から見るより以上に大きいです。

グロリエッテを挟んで前後に池があります。こちらは前の池。

池とカモ

条件が揃うと池に「逆さグロリエッテ」が映るときがあります。見られるとラッキー!

逆さグロリエッテ

 

 カフェ グロリエッテ

飲み物、ケーキ、食事もできるカフェがあります。カフェの入口は宮殿の反対側にあります。

シシィビュッフェと呼ばれる、特別メニューで王室の朝食が食べられます。
大人:34ユーロ
13~17歳:22ユーロ
2~12歳:14ユーロ
土日祝 9:00~11:30のみで、予約必須となります。予定が合えば体験してみたいですね。

Cafe Gloriette
Have breakfast and celebrate in the unique imperial Café Gloriette amidst the palace garden of Schönbrunn.

 

ウィーン市内が一望

グロリエッテ前からのウィーン市内の眺め

グロリエッテ前から見ると↑みたいで、池の前から見ると↓みたいな感じです。

グロリエッテからウィーン市内一望

天気のいい日には芝生に寝転がってる人がたくさんいます。

坂道を下ってみましょう

庭園からグロリエッテまでは、ネプチューンの泉とグロリエッテを結ぶジグザグの坂道、森の中を進むルートなどがあります。

池の前の坂道を下りて行きましょう。

グロリエッテの坂道

下ります。

グロリエッテの坂道

振り返ってグロリエッテを見るとこんな感じ。

下ります。

グロリエッテの坂道

グロリエッテがだんだん小さくなります。

庭園に到着して振り返ると遠くにグロリエッテが見えます。

グロリエッテの坂道 ネプチューンの泉

庭園からグロリエッテに登るときには、ネプチューンの泉の横からスタートです。

坂道を登らずにグロリエッテに行く方法 まとめ

グロリエッテへは行ってみたいけど、坂道が苦手な方や体力に自信のない方におすすめの方法です。

また、帰り道に利用することで、坂道を下りずにバスに乗ることもできます。

参考になれば幸いです。

ウィーン
スポンサーリンク
世界巡る

コメント